注文住宅を建てる前に!知っておくと役に立つちょっとした雑学をご紹介!

一生に一度の大きな買い物となるマイホーム購入。
一大イベントだからこそ、自由度の高い注文住宅を選ぶ方が増えています。
当サイトはスムーズにお家づくりを進めるための雑学や、快適な過ごし方の工夫の方法を記載しました。
少しの知識があることで、新しい家での暮らしがずっと快適になるものです。
工夫を取り入れ、今までよりはるかに心地の良い住まいを手に入れませんか。
少しだけお家の仕組みや建て方を知るだけで、大きな違いが生まれます。

注文住宅を建てる前に!知っておくと役に立つちょっとした雑学をご紹介!

高性能な注文住宅を目指す上で欠かせないポイントが、断熱性です。
注文住宅の雑学でもよく取り上げられるように、断熱材を選ぶには「燃えにくさ」や「有害物質の有無」のチェックが必要となります。
中には防音性にも優れた製品もあるので、注文住宅のオーダー時にはチェックしたいポイントです。
雑学として省エネルギー性の高さを表す「UA値」があることも、覚えておきましょう。
この数値が低いほど、熱が逃げにくくエネルギー効率の良い注文住宅となります。

注文住宅の計画から完成までのスケジュール

物事には計画が必要になりますが、注文住宅を建築するとなればなおさら必要といえます。
いい加減の進み具合だといつ完成するかもわからず困惑してしまいます。
そこで、注文住宅を建築するハウスメーカーや工務店は、事前にスケジュールを立てそれを顧客に見せてくれるはずです。
スケジュールといっても、おおよその計画がありどれくらいの期間で住宅が建築しようあるかなどを教えてくれます。
これを知ることによるメリットは、引っ越しをするタイミングが分かるからです。
住宅の建築にかかる期間は最短で4ヶ月ぐらいですが、長いと1年以上かかります。
平均すると半年位と考えたとき、半年後に住宅が出来上がるとわかれば引越しの業者を手配することも可能です。
しかし出来上がるタイミングが分からなければ、次の行動すらできない状態になります。
もし3月に完成した場合、引っ越しシーズンになるため引っ越し会社すら選べないかもしれません。
そのような意味において、あらかじめその計画を知ることが重要になります。

見積り書を細部まで確認したい注文住宅

注文住宅を依頼する際、最も大切にして欲しいのが入念な見積書のチェックです。
事細かに区分分けされた値段などをしっかりと細部までチェックし、本当に購入することができるのか、足りない部分はないかなどを丁寧にチェックしてから買うことを決断してください。
たまに注文住宅を注文することだけに気が取られてしまい、細部まで目を通すことを怠ってしまう方がいるので注意が必要なのです。
お見積りに関しては無料で受け付けているところがほとんどなので、面倒だからといって受け取ったまま放置するのではなく、家族全員が目を通して納得がいった後に購入することを決めた方が失敗しなくてすみます。
また、提出された見積書に違和感を感じたり気になる箇所があった場合には即座に問い合わせ、疑問点などは予め納得するまで問いただした方が良い買い物ができると知っておくことです。
高額な値段が動く注文住宅の購入になるので、無駄なことは一切ないことを肝に銘じて正しく検討していきましょう。

理想を実現した注文住宅を建てるために必要な自己資金

理想は人によって様々ですが、大人になってから注文住宅を建築したいと考えていた人も多いはずです。
結婚すると注文住宅を建築するタイミングかもしれません。
もちろん独身で建築しても良いですが、持て余してしまう可能性があるため注意が必要です。
注文住宅を建築するためには、どれぐらいの資金が必要なのか気になるところです。
これに関しては、一括で貯めるのが理想的ですが、すべての人が一括で支払って住宅を手に入れることができるわけではありません。
そのために、住宅ローンと言う仕組みがあるためこれを積極的に利用しましょう。
住宅ローンは賛否両論があるところですが、インフレになることを考えれば、それほど無駄な仕組みとは言えません。
多少金利を払ったとしても、インフレになればそれが帳消しになる可能性もあるからです。
とは言え、無駄のないローンの使い方をしましょう。
自己資金を食べる場合は、住宅によって異なるためいろいろな金額が出てくるところです。
ただ注文住宅である以上は、最低でも20,000,000円位のお金が必要になります。

注文住宅を建てるときに利用する住宅ローンの申込方法

注文住宅を建てる際のローンの申込方法をご紹介します。
まずは借りたい住宅ローンの金融機関を探します。
不動産会社やハウスメーカーが提携している金融機関を利用することもできますし、自分で金融機関を探すことができます。
メガバンクや地方銀行の他にもネット銀行でも取り扱いがあります。
一般的にネット銀行の方が金利が安いことが多いようですが、金融機関によって保障や特典、サポート体制が異なりますので金利とともに検討すると良いです。
金融機関が決まったら事前審査を申し込みます。
事前審査は融資が可能かどうか、契約前にある程度目途をつけるために行います。
を事前審査では運転免許証などの本人確認書類や源泉徴収票などの収入に関する書類、物件のパンフレットやチラシなどを提出します。
事前審査に要する期間は通常1週間程度で、早ければ2~3日で結果が出る場合もあります。
事前審査が通ったら、いよいよ本審査です、本審査では本人確認書類や収入に関する書類、物件の売買契約書や土地の登記簿、購入する注文住宅の見積書を提出します。
審査にかかる期間は10日~2週間ほどです。
本審査を通過したら、金融機関と契約を結びます。
この時点で金利タイプやや返済期間が決定し、多くは銀行に出向いて対面で行われます。
契約が済むと融資が実行され、借りたお金が指定の口座に振り込まれます。